赤ちゃんをアトピーから守る方法|保温が重要な鍵になる

婦人とベビー

乳児湿疹と間違えやすい

乳児

病院で適切な治療を

赤ちゃんの頃は皮膚がまだ完全に発達しきってはいないため、外部からの刺激を受けやすいデリケートな状態です。そのためちょっとした刺激で肌トラブルを引き起こしてしまうので、今出来ている炎症や湿疹がアトピーかどうかはすぐには判断できません。赤ちゃんの肌トラブルは大人よりも刺激を受けやすいということが理由になっているのですが、その多くはきちんと清潔を保ちながら保湿を行うことで改善されていきます。対策を半年以上行っていても赤ちゃんの湿疹やかぶれ、乾燥などが改善されない時にはアトピーだと診断されます。小児科や皮膚科でも治療をおこなうことはできますが、アレルギーの治療を専門的に行っている病院や診療科だと、適切な処置を行ってもらえます。

治癒する事例も

赤ちゃんのアトピーはお母さんにとっても辛いものですが、アレルギーの原因となる物質をなるべく近づけないようにし、病院から指示された適切な対処法や治療をおこなっていくことで症状の悪化を防ぐことはできます。一度アトピーだと診断されてしまうと、もうずっとかゆみやかぶれと付き合って行かなくてはいけないのではないかと暗い気持ちになるかもしれません。しかし赤ちゃんの頃のアトピーは肌のバリア機能が弱いという赤ちゃんの時期に特有の特徴も原因となっていると言われており、成長と共に免疫力が向上していくと自然と肌も強くなって行きます。そのため、赤ちゃんの頃はアトピーで悩んでいたけれど、だんだんとアトピーが改善していく例は少なくありません。

誰もが必須な育児アイテム

ママと赤ちゃん

赤ちゃんを抱っこする時、抱っこ紐を利用した方が体への負担が小さく、さらに両手が空くので大変便利です。落下事故も発生しているので、使用上の注意をよく守ることが必要です。今では様々な種類の抱っこ紐が販売されているので、合うものを探してみて下さいね。

詳しくはこちら

低コストなミルク作り方法

ペットボトル

赤ちゃんのミルク作りに使うお水は安心安全が一番です。ミルクに使う水の量は多くはないですが、なるべくコストは抑えたいところです。正しくカルキ抜きしたり、スーパーの純水を利用することで、安全かつ低コストでミルク作りができるようになります。

詳しくはこちら

必要なものを買おう

靴と玩具

赤ちゃんとな生活をより便利にしてくれるベビー用品は多く販売されています。出産を控えているとこれからの赤ちゃんとの生活に不安や心配に思いベビー用品をたくさん購入してしまうということもありますが、しっかりと必要なものかどうかを見極める必要があります。

詳しくはこちら