低コストなミルク作り方法|赤ちゃんをアトピーから守る方法|保温が重要な鍵になる

赤ちゃんをアトピーから守る方法|保温が重要な鍵になる

ファミリー

低コストなミルク作り方法

ペットボトル

コストを抑える際の注意点

赤ちゃんのミルク代を抑えるために、水道水を利用したいと思っているママも多いと思います。日本は高い安全基準を設けているため、安心して飲むことはできます。ですが、塩素などの化学薬品が微量ではありますが残っていることも事実です。そのため、赤ちゃんのミルク作りに水道水を利用する際には注意が必要です。まずカルキ(塩素)抜きを必ずする必要があります。カルキ抜きの方法は、沸騰してから10〜15分ほど火にかけておくだけです。その際にやかんの蓋は開けておきます。こうすることで塩素が抜けて、赤ちゃんが飲んでも安心なお水になります。ただし殺菌効果がなくなってしまうため、長時間の保存はできません。なるべくミルク作りの直前にカルキ抜きをして、その日のうちに使い切った方が良いです。

スーパーのあれを利用する

カルキ抜きを毎回行うのは、とても大変です。特に赤ちゃんのミルク作りは1日に何度も必要なので、その都度カルキ抜きをしていては、赤ちゃんを待たせることになるし、ママも疲れてしまいます。そこで、コストを抑えつつ安全なお水を手に入れる方法として、スーパーやドラックストアの純水を利用している人も多くいます。最初に容器代はかかりますが、お水代は無料です。重たいので、運ぶのはパパにお願いしましょう。純水は不純物が一切入っていないため、そのまま赤ちゃんのミルク作りに利用することができます。ミネラル成分も入っていないため、赤ちゃんの未熟な胃腸に負担をかけることもありません。安全安心かつ低コストなので、ママも赤ちゃんにもうれしいお水です。